「フルーティア(Fruitea)」テイクアウト用のお酒の販売開始

貴重なお酒や、珍しいお酒を販売している「なだや酒店」ですが、オーナーはソムリエ資格を20年以上前に取得し、日本酒利き酒師の資格も取っており、自分が気に入った本当においしいお酒を提供できるのが強み。日本酒から焼酎、ウィスキー、ワインまであります。

また日本人が集まるソイ39のノボテル・メトロポール1階に昼間はカフェ。夜はバーの「フルーティア(Fruitea)」をオープンしており、そこでもいろいろなお酒を試せます。同店では、テイクアウト用のお酒の販売を開始しました。店内で飲みたい場合は、持ち込み量1本500バーツで飲めるので、ぜひお試しください。

さらに近くには高級バー「salon du japonisant by Bacchus」も運営しておりこちらはワンランク上の高級カクテルバーです。

下の広告を参照で。


フルーティア(Fruitea)の場所

2024年6月5日号発行

コメント