パタヤで花火大会とコンサート

2019年12月10日

pattaya (2)

週末にパタヤの花火大会へ行ってきました。
わざわざ花火のためにパタヤに行ったのではなく、ホテルを予約した後で、たまたまその日に花火大会があると知りました。

海にリラックスしに来たのに、わざわざ混んでるところへ行くのはどうかと思いましたが、花火大会の最後にタイの人気バンド 25Hours のフリーコンサートがあり、妻がぜひ見たいというので、夜9時過ぎにビーチへ行くことにしました。

ビーチロードは花火大会中は車両通行止めで歩行者天国になっていて、屋台がたくさん出ていました。

pattaya (5)

タイなのでイベントの進行は、予定の時間より遅れると思っていましたが、ほぼ予定通りに進行していました。

ビーチに出ると海から吹いてくる風が気持ちいいです。乾季になり雨の心配も無く、絶好の花火日和です。こんなにじっくりと花火を見るのは、すごく久しぶりでした。

海上の船から上げる花火は地元の三浦海岸で毎年夏にやっている花火大会と同じで、高校生の夏休みに三浦海岸の海の家でアルバイトしていて、バイト仲間と花火を見たことを思い出し、懐かしさがこみ上げてきました。

やはり花火も音楽もライブは最高です。音がズシンと腹に響きます。

pattaya (4)

花火が終わると、すぐに25Hoursのコンサートが始まりました。
人気バンドだけあって、すでに多くの人が集まっていて、最前列の方からは、黄色い歓声が上がっていました。

妻もこのバンドが好きで、よく車で曲をかけていたので、ライブでやった曲はほとんど知っていました。男性リードボーカルの声がすごい高音でインパクトあります。ライブでも伸びのあるボーカルで観客を盛り上げていました。

pattaya (7)

元々予定していなかったので、期待していませんでしたが、花火もコンサートも思いのほか楽しめ、ちょっと得した気分になりました。

それにしてもパタヤは、ロシア人の観光客が多いです。宿泊したホテルも宿泊客の半数以上はロシア人でした。

酷寒のロシアから、はるばるタイまでやってきている彼らを思うと、タイに住んでいて一年中いつでも気軽に海で泳げるというのは、とても贅沢なことですね。

pattaya (3)

The following two tabs change content below.
誕生日 は1963年8月26日。住まい はバンコク。出身は関西。 在タイ歴 は25年。タイ自由ランドを発行しています。

最新記事 by 大前どん (全て見る)