タイ人も懐かしい? バンコク郊外の昭和っぽいカフェ

2019年10月28日

店内のいたるところに懐かしい看板があります
店内のいたるところに懐かしい看板があります

先日、バンコク郊外のパタナカーンへ行った時に、ユニークなカフェに立ち寄りました。「建物カフェ」という変わった名前の小さなカフェは、日本の昭和時代のモノで埋めつくされています。

懐かしい看板を背景に写真を撮って、日本の友達に送ったら、今、日本に帰ってきていると勘違いされました。アングルによっては、日本に居るような写真が撮れます。

日本の学校の机もあります
日本の学校の机もあります

1階がカフェで2階は展示場になっています。オーナーはタイ人と思いますが、ガラクタから貴重なものまで、よく集めたとものだと感心しました。

タイ人が日本の昭和のものを見て、懐かしいのだろうかと思いましたが、我々日本人がアメリカやヨーロッパの古いものを見て、ノスタルジーを感じるのと同じ感覚でしょう。

色を加工すると、さらに昭和っぽくなります
色を加工すると、さらに昭和っぽくなります

近くの通りにバイクショップがたくさんあるようで、バイカーが入れ替わり立ち替わりやってきました。バイカーのたまり場にもなっているみたいです。

オーナーもバイクが好きみたいで、2階の展示場にはホンダモンキーの50周年記念モデルの新車が飾ってありました。

ホンダのモトコンポも展示されていて、運転してみたくなりました。モトコンポは車のシティのトランクに積めるというコンセプトで1981年に発売された、重量はたったの42kgという、可愛いバイクです。

発売当時8万円だったモトコンポが、現在いくらで取引されているのか、日本の中古バイク検索サイト「グーバイク」で値段を調べてみたら、最安値が18万円、最高値は36万円でした。ウィキペディアによると、マンガやアニメに登場して、生産終了後に人気が出てプレミアがついたそうです。

でも実際モトコンポで走ったら、バンコクではあっという間に事故にあいそうです。

ホンダのモトコンポ
ホンダのモトコンポ

食事はハンバーガー、チリドッグ、カレーライス、スパゲッティなどあり、ポークハンバーグカレーライス(130B)と、牛丼(95B)を頼んでみましたが、カレーはぬるく、牛丼は甘く、ちょっと残念でした。まぁ展示品を楽しめたので、良しとします。

日本のレトロな物にかける情熱を、もう少し食事の方にも向けてくれると、うれしいです。

グーグルマップへは地図をクリック
グーグルマップへは地図をクリック

建物カフェのfacebook     https://www.facebook.com/cafetuktheaw

The following two tabs change content below.
誕生日 は1963年8月26日。住まい はバンコク。出身は関西。 在タイ歴 は25年。タイ自由ランドを発行しています。

最新記事 by 大前どん (全て見る)