コーヒー豆を挽いてみた

以前、サムヤーンミットタウンに行った時にコーヒーグラインダーを見かけて、欲しいなと思っていたのですが結構高かったのです。

000
サムヤーンミットタウンで見つけたコーヒーグラインダー
0001
できれば、底に直接コーヒーを貯められるタイプが欲しい

そこでLAZADAで探して見たところ200バーツくらいで売られていたので購入してみました。

0003
LAZADAで買ったコーヒーグラインダー
006
組み立てるとこんな感じ

ビンの底に滑り止めが付いているのが気に入ってます。

008
コーヒー豆を入れてみました

コーヒー豆を実際に挽いてみると、いい音で豆が挽かれていきます。

ちなみに豆はUCCで購入しました。

007
コーヒー豆はゲートウェイエカマイのUCCで購入

UCCでコーヒー豆を買うとカードももらえて、ポイントをためると割引があるようです。

005
UCCのポイントカード

豆を挽いて会社で飲むときはUCCのコーヒーマシンを使っています。

002
コーヒーマシンだと5杯分くらい一度に作れます

豆の量で調節できるので、そこは目分量ですけど…。

そして、ついにコーヒードリッパーをようやく購入したので、家でも挽いた豆でコーヒーを飲めるようになりました。

010
ダイソーで買ったコーヒードリッパー
0006
同じくダイソーで買ったコーヒーフィルター

これで家でもおいしいコーヒーが飲めるようになりました。

011
ダイソーのコーヒードリッパーに挽きたてのコーヒー豆を投入

お湯で入れるコーヒーもおいしいのですが、水出しコーヒーがさらにおいしいという話を聞くので、今度は水出しコーヒー用のものを購入してみようと思っています。

今はまだ、道具をそろえていないのでコーヒー豆を多めにドリップして、水で出したコーヒーを冷蔵庫で冷やしています。

あと、ネットで見てみるとミルク出しコーヒーというのもおいしそうなのでやってみたのですが、目詰まりしてうまくいかなかったです。

水出しコーヒー用の道具をそろえて、ミルク出しコーヒーにもチャレンジしてみます。

お茶パックにコーヒーを入れて、牛乳と一緒に入れて一晩寝かせるという方法もあるようなので、いろいろ楽しめそうです。

新しい趣味が増えたみたいで、豆挽きが楽しいです。

 

The following two tabs change content below.

akune555

タイ自由ランド2005年入社の編集部員、在タイ15年くらい。痛風持ちと小麦アレルギーのため、飲食での制限がとても多く単調な食事と職住近接に出不精をこじらせ、年に数回の遠出を今年のハイライトと呼んでいる。年と月に関する記憶がかなりあいまいで、ちょっと前というのは数年前の出来事であることが多い。