レストラン許可証取得

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

タイのバンコクで起業する日本人の会社設立から税務登記、Bビザ、労働許可証(ワークパーミット)取得、毎月の会計、税務署へのVAT、源泉徴収税、所得税、社会保険の申告まで完全サポートしております!すべておまかせください。スパやレストラン、輸出入、酒販売などの許可申請も行っております。そのほか、日本人がタイで滞在するための、ロングステイ、リタイヤメント、年金の1年ビザ取得、家族ビザ、結婚ビザも行っています。℡02-258-0888 ℡081-566-9015 Eメール bkk@jiyuland.com

探したい言葉でサイト内を検索

レストラン営業許可証取得

タイで日本人の起業が多い飲食店については、営業許可証は、店舗の完成を待って、ほぼ100%取得できます。、会社設立登記、VAT登記をしたらすぐにレストラン許可の申請に入るのがよいでしょう。
 許可取得の流れ
①区役所で申請

②担当者が検査の日を指定

③弊社のスタッフも立ち合い、店の検査をする。

レストラン許可取得。ここまで約1ヵ月間
店の検査は、排水管の位置や、調理の場所、油をどこに捨てるのかなど。店の内装がほぼ完成していることが前提です。広さによって、かかる手数料が違ってきます。
そのほか、たばこの販売許可書酒の販売許可書を取ります。所要期間2日

レストラン許可証取得の費用

弊社の手数料 7,000バーツ
区役所への支払い 5,000~10,000バーツ
これは実費と担当官手数料合わせたもの(広さにより実費が違う)
たばこ輸入、国内製
実費 40バーツ
弊社の手数料 2,000バーツ
酒輸入、国内製
実費 1,650バーツ
弊社の手数料 2,000バーツ
それぞれ1年更新のため、2年目からはレストラン、たばこ、酒合わせて
弊社の手数料 4,000バーツ
※最近、スクムビットのアソーク、プロンポン、トンローが管轄のワッタナー区役所では、一軒家などで住居登録されている物件については、許可証が出ないケースがあるので、借りる際は許可証がちゃんと取れるか確認してから借りるのがよい→コラム参照

労働許可証の取得

レストランの許可証がないと労働許可証が取れません。店の内装がすべて終わらないとレストラン許可証が取れません。そのため、ずっと2~3カ月間、労働許可証が取れない、というケースも出てきます。
滞在のために早めに労働許可証がほしい場合は、別の職種で先に取っておき、レストラン許可証が取れたあと、内容変更するのがよいでしょう。

捜査官への支払い

各地域には私服の警察捜査官がおり、レストランをオープンすると、何かと見回りをしに来ます。タイの法律に基づいて営業していれば何の問題もありませんが、少しグレー、という時には毎月、維持管理料を支払います。どういう場合に必要かは例えば
・従業員を許可証のないミャンマー人を雇っている
・お酒が飲めない仏教関連の日にお酒を出している
・夜半12時以降にお酒を出している
・個室などでたばこを吸わせている
以上の行為は厳密には違法ですが、その度合いが低いため、捜査官の裁量によるものとなり、1項目につきいくら、という風に支払います。

輸入のお酒に注意

お酒の販売許可は年1回、発行されますが、管轄はサンパサーミットという商務省の部局。タイで正規に販売されているお酒なら何の問題もありませんが、輸入したお酒については、ちゃんと、頭のラベルのところにシールが巻いてあるものが有効。これがないと、違法に輸入したもの、となり、没収&罰金となります。ですから、シールのないお酒は店にはおかないようにしましょう。夜はこれら、役人の見回りができないため、各地域の警察捜査官に一任しているケースもあり、見つかれば最近は、5~6万バーツは平気で要求されます。→コラム参照

サンパサーミットで許可されたラベル

歓楽施設の許可証は地元の警察署発行

レストランの営業許可証があっても、店内でタバコを吸えません。隔離された個室では吸える日本料理店もありますが、厳密には違法です。タバコを吸えるようにするには、歓楽施設(エンターテイメント)の許可証を地元の警察署で取る必要があります。しかしこれは普通の、食事を主体とするレストラン、居酒屋では取得できません。可能なのは、お酒を主体とするパブ、バー、スナック、カラオケなどです。
なお、バーで歓楽施設の許可証を取っても、食事を出す店ならば、レストラン許可の取得も別途に必要です。

まずはタイ人個人の名義でレストラン許可を取るという方法も

レストラン許可証は、会社法人に対して出ますが、タイ人の個人でもOK。そのため、日本人が働かない場合は、会社をつくらずにタイ人個人の名義でレストラン許可証を取り、営業を開始するという方法もあります。
そして利益が出る見通しがつけば、日本人が働くために会社をつくり、店の名義を会社法人に変えて、労働許可証もとる、ということもできます。→コラム参照

クレジット決済

店の必需品といえば、クレジット決済がありますが、銀行口座を開き、その銀行で機械等を貸し出してもらえます。手続等については口座を開いた銀行で。

会社設立、起業関連コラム

税務関連コラム

ビザ、労働許可証関連コラム

会社運営関連コラム

タイでロングステイ コラム

・年金受け取り
・エリートカード はまだ健在 ! 50万バーツで5年ビザも
タイでの銀行口座の開設の仕方
ロングステイビザの取得が簡単に
ロングステイビザの取得が厳格に
外国人のビザ取り締まりを強化
5年後はイミグレーションまでBTSで!
円安、物価高でロングステイの日本人が本帰国を決断
復刻版!タイで生きる
ロングステイ者は突然の病気治療を考えておく
タイでダイビングを満喫!
医療費が払えない病院治療が、帰国の判断
タイの社会保険に終身で入れる
ソンクラーの町でコボリ生活
タイのバンコクでロングステイする山田さんの新居は、バンスー駅につながる高架新線の駅近
トンローにゲストハウス 1泊450バーツは破格
高齢者のタイでのロングステイ
残高証明はイミグレ地下で!!
口座がないと送金できない 送金しようにも口座がつくれない
コンドミニアム購入でローン19年
タイでロングステイ 6年かけてタイ語一発検索が完成
タイでロングステイ 生涯現役でビジネス模索
なじみ客のために店を再開
30年の日本での経験を生かして起業
平均67歳、在タイ7~8年が中心
タイ南部でロングステイ この1月から「釣り」が楽しめる
タイ南部でロングステイ 生活費の安さが魅力!
タイ南部でロングステイ 取れたてのスズキを炭火焼き
タイ南部でロングステイ 空一面に広がる星の数々
タイ南部でロングステイ 「日本人を誘致したい」と奮闘
タイ南部でロングステイ 悠々、自然の中で滞在
チェンマイに生涯の棲み家
タイのコミュニティでの高齢者サービス
メイドがいれば長く過ごせる?
ビザの取得を厳しくすればよい
快適な暮らしにタイ人の同居人?
バンコクを拠点にアジア探索
50代、60代、70代で違う
65,000バーツの生活費はぜいたく?
日本人のロングステイ村の構想
年金ビザでも預金通帳の提示必要
求人すると2人に1人は60歳
簡易料理店の元祖?が奮闘
ごはん代が生活費を左右する
海そばのバンセンでロングステイ
90日ごとの出頭怠ると罰金2,000バーツ
6万円の年金でも十分、生活していける・・・
80万バーツの送金書、あるいは年金取得証明
自分で作ったものを自分で食べるのが最高のぜいたく
着実に増えているタイでのロングステイ

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

更新日:

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.