ロングステイの1年ビザ

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 タイのバンコクで起業する日本人の会社設立から税務登記、Bビザ(就労ビザ)、労働許可証(ワークパーミット)取得、毎月の会計、税務署へのVAT、源泉徴収税、所得税、社会保険の申告まで完全サポートしております!すべておまかせください。スパやマッサージ、レストラン、飲食店、輸出入、酒、たばこ販売などの許可申請も行っております。そのほか、日本人がタイで滞在するための、ロングステイ、リタイヤメント、年金の1年ビザ取得、家族ビザ、結婚ビザの取得も入国管理局(イミグレーション)で行っています。℡02-258-0888 ℡081-566-9015 Eメール bkk@jiyuland.com

探したい言葉でサイト内を検索

ロングステイビザ(リタイヤメントビザ、Oビザ)の1年取得

タイでは我々、外国人が長期に滞在する1年ビザを出していますが、50歳以上の人にはロングステイのリタイヤメントビザ1年、また、タイ人と結婚した人は、結婚ビザ1年、そのほか、学校に通う人はEDビザ、働く日本人の家族向けには家族ビザなどがあります。

そのなかで、50歳以上の人に出るロングステイビザ(呼び名として他にノンイミグラントOビザ、リタイヤメントビザ)ですが、条件としては、80万バーツの預金をタイの銀行で直近3カ月以上あること、あるいは1年間でもらう年金額が80万バーツ相当以上あることです。

以前は、物価が安くて、1年中、気候のよいタイでロングステイを、と多くの日本人がやって来ました。また、タイで就労ビザで働いていて、定年を迎えた日本人がそのままロングステイビザに切り替えるケースも多かったです。しかし、最近は物価も上昇し、バーツ高で日本円も目減りしていて、移住者が増えているというわけではありません。渋滞が激しく、あくせくしている大都市バンコクを離れ、チェンマイやシラチャー、パタヤなどに住む日本人もいます。

ロングステイビザのタイ国内の申請では、最初は3カ月のスタンプが押され、その後、1年更新となります。そのあとは1年更新を繰り返します。何年も更新をして慣れている人は、自分でイミグレーション(入国管理局)に行き、手続きができるかも知れません。慣れていないと、手取り足取り、手伝ってもらえるわけではないので、我々のような代行業者を使われて手続きをするのが確実です。

取得の方法は何通りかありますが、弊社では17年の実績と経験を生かして、適正な価格で迅速に、そして確実にOビザが取れるよう代行しております。料金等は以下の通りです。こちらも参照で →ロングステイビザ料金早見表
なお、タイ政府が、1年のビザを、10年に延長することを承認した、などとニュースでありますが、現在(2017/12/1)、1年の更新のままです。

ロングステイビザの最初の3カ月取得

① タイに来て初めてロングステイビザを取る場合

・ タイの自分の銀行口座に80万バーツ以上を入金済み
・ 日本からその80万を送った送付書がある
・ その80万バーツが2か月間、預金してある 
・ ビザなし30日の入国

以上のケースでは

3カ月取得手続き代行料 ・・・7,000バーツ
(ビザの切り替え実費2,000バーツは別途) 
3か月後、1年取得費用 ・・・7,000バーツ

(ビザの1年実費1,900バーツは別途)

用意するもの
・ パスポート
・ 写真4×6cm 2枚
・ タイで80万バーツの銀行残高証明
・ 預金通帳
・ 日本からの送付書

段取り
本人もいっしょに入管に出向き、1週間ほどでまず3ヵ月のスタンプが押されます。その後、3ヵ月のちにまたいっしょに行き、1年のビザ取得。リエントリーパーミットは実費別途。

② タイに来て初めてロングステイビザを取る場合

・ タイの銀行口座に80万バーツがある
・ 日本からの送金書がない
・ 2ヵ月の預金がない
・ ビザなし30日の入国

以上のケースでは

手続きすべて込み ・・・28,000バーツ
初めの3カ月取得+1年更新と、合わせて15カ月のビザが取得できます。

出入り自由なリエントリーマルチも取得する場
+ 実費 3,800バーツ

用意するもの
・ パスポート
・ 銀行通帳
・ 写真4×6cm 2枚

段取り
入管に行く必要があります。3日ほどで15か月分のビザを取得できます。

③ タイに来て初めてロングステイビザを取る場合

・ タイの銀行口座に80万バーツがない
・ ビザなし30日の入国

以上のケースでは

手続きすべて込み ・・・28,000バーツ

用意するもの
・ パスポート
・ バンコク銀行の通帳、ATMカード
・ 写真4×6cm 2枚

段取り
入管に行く必要があります。

④ タイに来て初めてロングステイビザを取る場合 日本での年金支給額で取得する人

・ 日本の年金手帳があり、1年に換算して80万バーツ以上の支給額になる人

3カ月間取得手続き代行料 ・・7,000バーツ
(実費2,000バーツは別途)
(リエントリーマルチ3,800バーツは別途)
最初、3カ月間取得できます。
3か月後、1年の取得費用・・・7,000バーツ
(実費1,900バーツは別途)
(リエントリーマルチ3,800バーツは別途)

用意するもの
・ パスポート
・ 写真4×6cm 2枚
・ 1年分の支払いの手紙の英文訳証明(タイの日本大使館で取る)
・ タイでの預金通帳

段取り
タイにある日本大使館で年金郵便はがきの英文証明をもらい、入管へ出向く。3ヵ月間取得、その後、3ヵ月のちに1年取得。

⑤ タイで働いていて、そのままロングステイ・ビザに切り換える場合

・ タイの銀行口座に80万バーツが3ヵ月以上ある

以上のケースでは

1年間取得手続き代行料 ・・・7,000バーツ
(ビザ1年実費1.900バーツは別途)

用意するもの
・ パスポート
・ 写真4×6cm 2枚
・ 80万バーツ以上ある銀行証明
・ 銀行通帳

段取り
本人も入管に出向いて、Oビザを取得(Bビザは事前にキャンセルしてあること)。1年間のスタンプが押される。リエントリーマルチは別途3,800バーツ。

⑥ ロングステイビザ(Oビザ)を持っていて、2年目以降の更新

・ タイの銀行口座に80万バーツが3ヵ月以上ある

以上のケースでは

1年間取得の手続き費用・・・7,000バーツ
(実費1,900バーツは別途)
(リエントリーマルチ3,800バーツは別途)

用意するもの
・ パスポート
・ 写真4×6cm 2枚
・ 銀行通帳

段取り
入管で待ち合わせします。リエントリーは別途実費。

⑦ ロングステイビザ(Oビザ)を持っていて、2年目以降の更新

・ タイの銀行口座に80万バーツがない

以上のケースでは

1年間取得の手続きすべて込み・・・18,000バーツ

用意するもの
・ パスポート
・ 写真4×6cm 2枚
・ バンコク銀行の通帳、ATMカード

段取り
弊社にパスポート等を持参。後日、入管に行く必要あり。3日ほどで1年間取得できます。

⑧ ロングステイビザを持っていて、2年目以降の更新 日本での年金支給額で取得する人

・ 日本の年金手帳があり、1ヵ月に換算して80万バーツ以上の支給額になる人

1年間取得の手続き代行料 ・・・7,000バーツ
(実費1,900バーツは別途)
(リエントリーマルチ3,800バーツは別途)

用意するもの
・ パスポート
・ 写真4×6cm 1枚
・ 支給額の英文訳証明(タイの日本大使館で取る)
・ タイでの預金通帳

段取り
入管へ出向き、1年取得できます。

リエントリーパーミットの取得

ロングステイビザの取得ののち、タイから国外に出る場合は、出入り自由な、いわゆる通行手形である、リエントリーパーミットを取る必要があります。取得したビザの期間中、何回でも出入り可能なマルティプルと、1回のみ出かけて戻るのに使えるシングルの2種類があります。1年のビザが取れたら、マルティプルを取っておくのがよいでしょう。
マルティプル取得
実費 ・・・3,800バーツ
用意するもの
・ パスポート
・ 写真4×6cm 1枚
シングル取得
実費 ・・・1,000バーツ
用意するもの
・ パスポート
・ 写真4×6cm 1枚
ロングステイビザを取得すると同時に上記のリエントリー・パーミットも合わせて弊社で代行できます。その場合は実費のみで代行しております。

銀行の残高証明はイミグレーション地下で

ロングステイビザなどに必要な銀行残高証明に関しては、3日前のものまで有効ですが、銀行によってまちまちで、その日に発行するところもあれば、受け取りは、翌日になるところもあります。口座を開いた支店でしか受け付けていない銀行もあり、さまざまですが、チェーンワッタナのイミグレーションの地下に集まっている銀行の支店では、本人が行けば、ほぼすべての銀行で、残高証明を出してくれます。バンコク銀行、、カシコン銀行、サイアムコマーシャル銀行、クルンタイ銀行、タハーンタイ銀行など。

「年金+タイでの預金」もOK

年金の支給が80万バーツに達しない場合。残りをタイでの預金残高で補うという方法もOK。年金は1年分もらえるはがきを持ってきて、タイの日本大使館で英文証明をもらい、預金は3カ月前から足りない分を預金しておく。

転居により、ビザの更新場所を変える場合

ずっとパタヤでロングステイビザを取っていて、今回からバンコクに移りたいなどの場合、住所変更の手続きをイミグレーション内で行ってから、ビザの更新をする必要があります。住所変更に必要な書類は
・新しい住所での賃貸契約書
・家主のIDカードのコピー
・賃貸契約書に記された住所のタビアンバーン(住民票)のコピー

弊社での手数料は2,000バーツとなります。(上記の書類がない場合も相談ください)

日本のタイ大使館でまず、ビザを取ってきた人

日本であらかじめ、ロングステイのビザ(ノンイミグラントOビザ)を取ってタイに入った人は、そののちタイで1年の延長ができますが、タイの銀行で3カ月間80万バーツ以上を預金していることが条件となります。日本からのシングルのビザは3カ月のち、マルチのビザは1年以降のちとなります。

アバウトな50歳ではダメ

50歳以上というと、タイだからアバウトな年齢でもOKかというと、この点に関してはアバウトではダメで、50歳の誕生日以降の申請が絶対条件。

ビザはパスポートの有効期限までしか取れない

パスポートの更新は、残り1年以内になってからですが、以前は、ビザの更新で、パスポートを切り替えても、新パスポートに1年後のビザのスタンプが押してもらえましたが、2018年に入ってから、旧パスポートの期日までが押されたビザのスタンプは、そのまま新パスポートでも継続され、それまでに新たにビザ申請をやらなくてはならなくなりました。 →コラム参照

オーバーステイでも更新可

ロングステイの1年ビザを持っていて、うっかり、期限が切れてオーバーステイになっていた!という時でも落ち着いて、10日以内ほどなら、イミグレーションで罰金を払い、更新が可能。あわてて出国して取り直す必要はない。

イミグレーション(入国管理局)の場所

ロングステイビザ更新のために出向く場所についてはタクシーで行く場合は กองบังคับการตรวจคนเข้าเมือง 1 สำนักงานศูนย์ราชการเฉลิมพระเกียรติฯ แจ้งวัฒนะ 以上がタイ語で、チェーンワタナのソイ7と言えばわかると思います。あるいは略称である「トーモー ต ม.」の方が知っている人は多いかも。タクシーで約50分、240バーツ+高速料金60バーツ あるいは、BTSモーチット駅まで行って、そこからタクシーに乗る場合も同じくกองบังคับการตรวจคนเข้าเมือง 1 สำนักงานศูนย์ราชการเฉลิมพระเกียรติฯ แจ้งวัฒนะ あるいは「チェーンワッタナ・ソイ7 トーモーต ม.」といいます。タクシーで約22分ほどで110バーツほど。 場所のタイ語案内 http://bangkok.immigration.go.th/location1.html BOI関連のワンストップサービスはチャムチュリースクエアの18階へ http://bangkok.immigration.go.th/location2.html イミグレーションが入る庁舎 1階にあるイミグレーションの入り口 イミグレーション前で待つ人 朝8時半のオープンを待つ人の行列 イミグレーション前に設置されたいす 同じく1階にあるだだっぴろいスペース その地下にある飲食店、AMAZONのコーヒー 同じく地下にある日本料理店「こんにちは」

タイでの銀行口座の開設方法

現在、このサービスは行っておりませんが、自力で開設する方法をお教えします。→コラム参照

90日ごと出頭代行

ロングステイビザを1年更新したあとのことですが、タイに90日以上、連続して滞在する外国人はすべて、イミグレーションに出頭して、所在を報告しなければなりません。代行出頭できます。出頭書はちゃんとパスポートの中にはさんで、ホッチキスでとめておく必要があります。

タイ自由ランドまでお持ちいただければ、平日で翌々日のお返しとなります。本人は行く必要なし。受付時間は平日の8:00~18:00

用意するもの 90日ごと出頭代行
・パスポート
・住所の書かれた紙
・手数料500バーツ
※ビザを他県で取られている場合 1000バーツ
※すでに90日を6日間越えている場合 500バーツ+罰金2000バーツ

リエントリー・パーミットは空港でも可能

 ビザを取得したのち、タイ国外に出る時に、そのビザを生かすためのリエントリー・パーミットは、以前は空港で取るのはリスクがありましたが、今ではかなり信用できるようになり、出国前に自力で取るのが便利です。スワンナプーム空港4階の出国ゲートを入って出国審査の手前左手にあります。できるだけ6:00~24:00の間に済ませるのがよい。所要時間は15分ほど。ドンムアン空港でもリエントリーは取得できるようです。必要書類は、
・ パスポート
・ 搭乗券
・ 写真4×6センチ 1枚
・ 実費 シングル(往復1回のみ) 1,000バーツ
実費 マルチプル(ビザの期間中、何度でも) 3,800バーツ

ロングステイビザでの就労は違法

50歳以上の外国人に出されるロングステイビザですが、そのビザで働いている日本人も多いと思われます。しかし、それは違法行為です。タイで働く場合は、就労ビザ(Bビザ)を取り、労働許可証を取得して働かなければなりません。

しかし、取り締まりが追い付かず、バンコク都内でもロングステイビザで働いている日本人も多いと思われます。その理由は、ちゃんと労働許可証を取るよりも経費がかからないためです。

・年間約3万バーツの所得税を払わなくてもよい
・4人のタイ人従業員を雇わなくてもよい
・ビザ、労働許可証の1年の更新をしなくてもよい

などの理由で、比較的、容易に取れるロングステイビザを取りながら働くわけですが、2018年1月より、見つかった場合は罰金等が40万バーツ以上となるため、改善されるものと思われます。

ロングステイの集まり

タイのバンコクでは、ロングステイの日本人高齢者の集まりが2つほどあり、それぞれ定期的に情報交換の場や、親睦を深める催しを開いています。直接、ご連絡ください。 →ロングステイの会

病気治療のための対策

高齢者のロングステイでやはり心配なのは病気治療のことですが、日本語が通じるサミティベート病院やバムルンラート病院などを利用すると、驚くほどの請求が来るケースもあるので、実際に起こった時にどうするのかを、あらかじめ想定しておく必要があります。現地のAIAなどの保険なども加入できます。

ロングステイ者は突然の病気治療を考えておく
医療費が払えない病院治療が、帰国の判断
→タイの社会保険に終身で入れる

 各種コラムを読む

・チェンマイのロングステイ者
タイで最初にロングステイビザを取る手順と費用 →・ロングステイビザの最初は3カ月でのち更新1年

1年の更新の際、イミグレーションでは想定外のことも起こりうるので、気をつける必要があります。 → 想定外のロングステイビザ更新

日本に振り込まれる年金をタイで受け取る方法 → 年金受け取り

50歳に満たない人は、エリートカードでのタイ滞在という方法もあります。→ エリートカード はまだ健在 ! 50万バーツで5年ビザも

タイでの個人口座の開設の仕方は、日本の運転免許証→日本大使館で英文証明→バンコク銀行本店、この方法で開設できます →タイでの銀行口座の開設の仕方

バーツ高、物価上昇で帰国を決断する人もいます。→円安、物価高でロングステイの日本人が本帰国を決断

・90日ごとの出頭代行500バーツで代行しています
外国人のビザ取り締まりを強化
5年後はイミグレーションまでBTSで!
復刻版!タイで生きる
タイでダイビングを満喫!
ソンクラーの町でコボリ生活
タイのバンコクでロングステイする山田さんの新居は、バンスー駅につながる高架新線の駅近
トンローにゲストハウス 1泊450バーツは破格
高齢者のタイでのロングステイ
残高証明はイミグレ地下で!!
コンドミニアム購入でローン19年
タイでロングステイ 6年かけてタイ語一発検索が完成
タイでロングステイ 生涯現役でビジネス模索
なじみ客のために店を再開
30年の日本での経験を生かして起業
平均67歳、在タイ7~8年が中心
タイ南部でロングステイ この1月から「釣り」が楽しめる
タイ南部でロングステイ 生活費の安さが魅力!
タイ南部でロングステイ 取れたてのスズキを炭火焼き
タイ南部でロングステイ 空一面に広がる星の数々
タイ南部でロングステイ 「日本人を誘致したい」と奮闘
タイ南部でロングステイ 悠々、自然の中で滞在
チェンマイに生涯の棲み家
タイのコミュニティでの高齢者サービス
メイドがいれば長く過ごせる?
ビザの取得を厳しくすればよい
快適な暮らしにタイ人の同居人?
バンコクを拠点にアジア探索
50代、60代、70代で違う
65,000バーツの生活費はぜいたく?
日本人のロングステイ村の構想
年金ビザでも預金通帳の提示必要
求人すると2人に1人は60歳
簡易料理店の元祖?が奮闘
ごはん代が生活費を左右する
海そばのバンセンでロングステイ
90日ごとの出頭怠ると罰金2,000バーツ
6万円の年金でも十分、生活していける・・・
80万バーツの送金書、あるいは年金取得証明
自分で作ったものを自分で食べるのが最高のぜいたく
着実に増えているタイでのロングステイ

会社設立、起業関連コラム

税務関連コラム

ビザ、労働許可証関連コラム

会社運営関連コラム

 
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

更新日:

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.