起業の流れ

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

タイのバンコクで起業する日本人の会社設立から税務登記、Bビザ、労働許可証(ワークパーミット)取得、毎月の会計、税務署へのVAT、源泉徴収税、所得税、社会保険の申告まで完全サポートしております!すべておまかせください。スパやレストラン、輸出入、酒販売などの許可申請も行っております。そのほか、日本人がタイで滞在するための、ロングステイ、リタイヤメント、年金の1年ビザ取得、家族ビザ、結婚ビザも行っています。℡02-258-0888 ℡081-566-9015 Eメール bkk@jiyuland.com

探したい言葉でサイト内を検索

タイ自由ランドとは

タイ自由ランドというのは、バンコクで発行している日本人向けのフリーペーパーですが、この「自由」というのは、日本からやってきて、しがらみから開放され、タイでもっと「自由」に生きていきたい、という人を応援できれば、という意味が込められています。また、フリーペーパーの収入源となる広告主のほとんどは、タイに来て個人で会社を立ち上げたオーナーです。夢や希望を持ち、タイで起業したこれらのオーナーの事業がうまくいくよう、できるだけ応援していきたい、というのが「タイ自由ランド」の願いでもあります。そのため、記事についてもかなり広告主にスペースをさいています。中には骨をうずめる覚悟で来ている人も多く、そういう人の力になれたらと常々、思っております。
そういう意味でも、広告のサポート以外に、事業の運営の根幹をなす部分でのサポートである会社登記関係、労働許可証取得、毎月の会計などができれば、本業以外の重要な部分のサポートができます。
個人がタイにやって来て、小さな会社をつくって、毎月の弁護士料が必要でしょうか。答えは「NO」です。本業以外はできるだけ切りつめて、最低限の必要経費を使い、それでいて確実にその業務をまかせられるところを見つけることが重要です。
例えば、レストランをオープンして、労働許可証や毎月の会計のために、給料30,000バーツ以上の社員を雇う必要もないでしょう。 そういう時に弊社を使っていただくことができます。17年の実績があり、日本人常駐で、日本語でのサービスができるのが強みです。

いち早く情報を提供できる

もちろん、会社設立、労働許可証の取得、毎月の会計を弊社でやっているところで、タイ自由ランドの紙面のスポンサーになっていない会社はたくさんあります。弊社はメディア部門があり、情報がたくさん集まり、そのため情報の流出を心配される人もいます。しかし、会計、法律部門は別途になっており、それらの情報が他に流れる心配は100%ありません。逆に信用第一で、在タイ日本人には知られたメディアですから、会計・法律部門も安心してまかせていただけるのではないかと思います。とにかく弊社の強みは、いち早くイミグレーション(入国管理局)や労働局、税務署、商務省などの情報が入り、それを吟味して最善の方法を顧客に提供できる点にあります。
さて、起業の簡単な流れについては以下の通りです。

弊社で会社を起こしたケースの一例

①日本人男性 30歳代
タイで日系コンピューター会社に勤務していたが自分1人でもやっていけそうなので独立。小規模でやっている。ほとんど工場回りなのでタイ人従業員も少数でよい。弊社で毎月の会計申告を担当。
②日本人男性 50歳代
日本から機械を輸入し、タイで販売している。ストックもあり、経理は1人、会社で雇っているが、外部でちゃんと監査してもらいたい、ということで弊社で請け負う。
③日本人男性40歳代
電気関連の設置業務。シラチャーにオフィスを構え、工業団地などへからだ1つで出向くことが多い。その経理を担当。
④日本人男性 50歳代
機械の輸出入、タイでの販売をしており、社内に経理担当は1人いるが、毎月、損益計算書などを出してもらいたいため、弊社を利用。
⑤日本人男性60歳代
大手化学メーカーに、技術請負で勤務しており、給料という形で毎月、収入がある。労働許可証などの面倒は見てくれないので、弊社で、その男性の会社をつくり、労働許可証も取って、住所も貸している。
⑥日本人女性 40歳代
日本レストランを開くため、場所を探す。弊社でも協力して物件を提供。そのなかから決める。そのあと会社設立。労働許可書も2人取り、今では2店舗目を出店。弊社で毎月の会計申告を担当。
⑦日本人男性 40歳代
日本にIT事業の会社があり、その一部の業務をタイで行うためタイで起業し、IT事業でBOIの認可を取ったが、まだ規模は小さく、日本人1人とタイ人数人で営業している。経理を雇っていないため、弊社が担当。
⑧日本人男性 30歳代
インターネットで日本の個人向けに雑貨を販売しているが、タイにずっといる理由ができたため、会社をつくり、労働許可証を取る。現在はタイで日本人向けの雑貨ショップを開いている。弊社で毎月の会計申告を担当。
⑨日本人男性50歳代
小規模なアクセサリー工場をタイで立ち上げるため、弊社で会社設立。輸出入のカスタムカードも取得。現在は日本へアクセサリーを輸出している。弊社で毎月の会計担当。

会社設立、起業関連コラム

税務関連コラム

ビザ、労働許可証関連コラム

会社運営関連コラム

タイでロングステイ コラム

・年金受け取り
・エリートカード はまだ健在 ! 50万バーツで5年ビザも
タイでの銀行口座の開設の仕方
ロングステイビザの取得が簡単に
ロングステイビザの取得が厳格に
外国人のビザ取り締まりを強化
5年後はイミグレーションまでBTSで!
円安、物価高でロングステイの日本人が本帰国を決断
復刻版!タイで生きる
ロングステイ者は突然の病気治療を考えておく
タイでダイビングを満喫!
医療費が払えない病院治療が、帰国の判断
タイの社会保険に終身で入れる
ソンクラーの町でコボリ生活
タイのバンコクでロングステイする山田さんの新居は、バンスー駅につながる高架新線の駅近
トンローにゲストハウス 1泊450バーツは破格
高齢者のタイでのロングステイ
残高証明はイミグレ地下で!!
口座がないと送金できない 送金しようにも口座がつくれない
コンドミニアム購入でローン19年
タイでロングステイ 6年かけてタイ語一発検索が完成
タイでロングステイ 生涯現役でビジネス模索
なじみ客のために店を再開
30年の日本での経験を生かして起業
平均67歳、在タイ7~8年が中心
タイ南部でロングステイ この1月から「釣り」が楽しめる
タイ南部でロングステイ 生活費の安さが魅力!
タイ南部でロングステイ 取れたてのスズキを炭火焼き
タイ南部でロングステイ 空一面に広がる星の数々
タイ南部でロングステイ 「日本人を誘致したい」と奮闘
タイ南部でロングステイ 悠々、自然の中で滞在
チェンマイに生涯の棲み家
タイのコミュニティでの高齢者サービス
メイドがいれば長く過ごせる?
ビザの取得を厳しくすればよい
快適な暮らしにタイ人の同居人?
バンコクを拠点にアジア探索
50代、60代、70代で違う
65,000バーツの生活費はぜいたく?
日本人のロングステイ村の構想
年金ビザでも預金通帳の提示必要
求人すると2人に1人は60歳
簡易料理店の元祖?が奮闘
ごはん代が生活費を左右する
海そばのバンセンでロングステイ
90日ごとの出頭怠ると罰金2,000バーツ
6万円の年金でも十分、生活していける・・・
80万バーツの送金書、あるいは年金取得証明
自分で作ったものを自分で食べるのが最高のぜいたく
着実に増えているタイでのロングステイ

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

更新日:

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.