日本人の口に合うイスラム料理

2019年12月16日

タイに住み始めて、驚いたことのひとつが、意外とイスラム教徒が多いことでした。

タイは仏教のイメージが強いですが、バンコクでもヒジャブをかぶっている女性を日常的に見かけます。タイの総人口に占めるイスラム教徒の割合は4~5%です。

islam (1)

以前、住んでいたスラサックには、近くにモスクがあり、時々風に乗ってコーランが聞こてきました。耳を澄ましていると、遠い異国にいる気分になったものです。

今はバンコクのトンブリー地区に住んでいますが、車で15分くらいのところに、イスラム教徒の多い地区があり、モスクやイスラム教徒の子供の学校などがあります。

時々、モスクの隣にあるハラル料理を出す食堂に、ランチを食べに行きます。一軒家で奥行きのある広い食堂ですが、週末の昼時に行くと、いつもガラガラです。隣のモスクでお祈りがあるときには、混むのかもしれません。

islam (3)

店名は「バン・デート」というのですが、バンというのは、イスラム教徒がタイ語のピー(○○さん)と同じ意味で使う言葉だそうで、「デートさんの食堂」といったニュアンスでしょうか。

いつもサフランライスと蒸した鶏肉、牛肉の煮込みスープ、そしてたまにマッサマンカレーを頼みます。飲み物を頼むと、錫製のジョッキが出てきます。これがいい味出していて、自分用にも欲しいです。

islam (2)

マッサマン・カレー
マッサマン・カレー

この店の味付けは、マイルドで香辛料もきつくないので、タイ料理が苦手という日本人でも、問題なく食べられるでしょう。

牛肉の煮込みスープはピリ辛ですが、後を引かないスッキリした辛さです。サフランライスにかけて食べると、とても美味しいです。

マッサマン・カレーは、これが日本のカレーライスの原点なんじゃないかと思うくらい、ホッとする懐かしい味わいです。

食堂はおじいさんとおばあさんで切り盛りしていて、のんびりとした時間が流れています。休みの日は、このくらいゆったりした感じがちょうどいいです。イスラム食堂なので、ビールで一杯というわけにはいきませんが。。。

islam (6)

この食堂は、同じ場所で50年以上やっているとのことで年季が入っています。

店の奥に大きな古い柱時計があり、飾りで置いてあるだと思っていましたが、驚いたことにちゃんと動いていて、時間も合っていました。

何十年もここで時を刻んできたのでしょう。

趣のある佇まいの店内
趣のある佇まいの店内
The following two tabs change content below.

morita5150

神奈川県出身 2011年からバンコクに住んでいます。 趣味は音楽とドライブ。

最新記事 by morita5150 (全て見る)