サボテン通りでE.Tを発見

前回の続きでクーコット駅から途中にある三角州の先端みたいなところを堪能したので、隣のYaek Kor Por Aor駅まで歩いてみました。

結構な距離を歩いたので、クーコットまで戻るより隣駅まで行った方が近いんじゃないかと思ったんです。

事前に距離を調べたりしなかったのですが、この最後の1駅の区間を徒歩で行くと32~33分と出ます。

そんな速足でこの区間をあるいたら、熱中症になってしまいそうです。

暑いところを歩く時は冷たいものを飲みながら、とにかくゆっくり歩くのが最もマシだと思っています。

気が遠くなりそうな道のりを歩いて行きます。

隣の駅が全然見えない長距離区間

ここで左にあるハウス群が気になって、中の通りに入ってみました。

すると植木を売っている店が通りの端の方まで続いています。

植木ショップ

よーく見るとほとんどの店でサボテンを売っているではありませんか。

小さいサボテンがたくさん並んでます

大きめサイズの植木鉢
サボテンショップ
植木鉢ショップ
ピンクのあいつがとても目立ってます

植木関連の店がずっと並んでいます。

道中はかなり長いです

変な看板を発見!
怪しい看板の店で足を止めてみました。

まさか錦鯉の店?

看板の真ん中でETとあいさつしています。

思いっきりE.Tって書いてますね。

近づいてみるとこんなものが!

脳内でE.Tのテーマを再生すると盛り上がります

パッと見た感じでは鑑賞魚のお店のようですが、奥を覗いてみるとサボテンです。

ETがいるサボテンの店

ここの通りにはほかにもこんなのがありました。

給油機

無人のガソリンスタンドならありそうですが、なんと単機営業です。

デジタルの数字がちゃんと点いているので普通にガソリンが買えるんでしょう。

ここまでかなり歩いたんですが、なんとなくゴールが近づいて来た気がしますね。

舗装が途切れたところからようやく駅が見えました!

植木を扱っている店のほとんどでサボテンを見たような気がします。

ここで地図を確認してみました。

クーコット駅に行くBTSの中で調べてて気になったところです。

思いがけず近く来ているので、寄ってみることにします。

データでは24時間営業の露店の集まりのようです。

羽と角のある馬
どこかで見たことあるロボ
大通り沿いに出ている看板

ここで間違いないようですが、24時間営業なわけないですね。

こんな炎天下で露店を空けても人が来ないでしょう。

ドラム缶のテーブルが楽しそう!でも絶対熱くなってるはず

微妙に駅から遠いので、地元の人もほぼバイクか車で来るんじゃないでしょうか。

夜になると賑やかなようですが、そんなに広い場所でもないので混みそうな気がします。

このバンコクゲートも見られたので、駅に向かいましょう。

隣駅がこんなに遠かったのは初めてです
新設区間は無料でした

プロンポン駅からモーチット駅より向こうは一律44バーツで行けるので、近いうちにまた行ってみるかもしれません。

無料区間での移動は券売機で行き先を押すだけで、切符が無料で出てきます。

無料のうちにBTSに乗って各駅探訪とかしてみたくなりますね。

The following two tabs change content below.

akune555

タイ自由ランド2005年入社の編集部員、在タイ15年くらい。痛風持ちと小麦アレルギーのため、飲食での制限がとても多く単調な食事と職住近接に出不精をこじらせ、年に数回の遠出を今年のハイライトと呼んでいる。年と月に関する記憶がかなりあいまいで、ちょっと前というのは数年前の出来事であることが多い。