見覚えのあるデザート

最近、タイ自由ランドのバックナンバーを見ていて気が付いたデザートがあります。

以前、広告の左下に載っていた写真ですが、わらび餅のような豆腐デザート(https://jiyuland.com/blog/post-4033/)とソックリなんです。

ad
左下のデザートに注目!

あの時のアレと同じものかもしれないと思い、土曜日の夜にソロで行ってみました。

場所がスクムビットのソイ32なので、タイ自由ランドのオフィスから歩いて行ける距離です。

洒落た店をイメージしていましたが、おしゃれなだけでなく高級な雰囲気です。

車もたくさん停まっていて、お客さんも多いですね。

空席があるか不安ですが、入ってみると、おっさんのソロディナーでも問題なく席に案内してもらえました。

しかもセンター!

隅っこじゃなく、ど真ん中です。

誕生日でもないのにいいんでしょうか?

写真付きのメニューを見ながら数種類選んで、デザートのところを探してみますが、豆腐デザートが見当たりません。

店員さんに豆腐デザートの写真を見せながら、「これありますか?」と聞いたところ、

「ありますよ」とのことだったので、もちろん即注文します。

まずは普通に食事をして、デザートは最後の楽しみにしておきましょう。

2
野菜炒めとカオパット

1人で食べる時の取り皿って、まったく使わないので端っこに寄せておきます。

料理を盛り付けてある皿から直接食べるので、熱々でどれもおいしかったです。

カオパットの豚肉がカラッとしていて、豚の皮を揚げたおやつに似ています。

abur
豚の脂身がカラッと揚がってます

野菜炒めも変なクセや劇辛でもなく、どんどん食べられます。

メニューの写真で気になった麻婆豆腐そっくりな料理もタイ風にアレンジしていますが、これもおいしかったです。

mabo
ほぼ麻婆豆腐でした

料理部門を食べ終えて、デザート部門に頭と舌を切り替えます。

まずは揚げレンコンをいただきます。

hasu
味は大学芋

飴?ハチミツ?

甘いコーティングとホクホクサクサクでクセになる食感です。

レンコンを食べ終わったら、いよいよあのデザートの出番です。

kano
ソックリというかそのものです

以前食べたアレとまったく同じ味です。

ジャンルとしてこういうデザートがあるんだなあと、勝手に納得することにしました。

料理はだいたい200バーツ前後で最後の豆腐デザートは、150バーツでした。

サービス料と税金が別なので、合計だと1,000バーツちょいです。

グループとかならテラス席も涼し気で楽しそう!と思いながら店を後にしました。

ter
テラス席もあり

 

The following two tabs change content below.

akune555

タイ自由ランド2005年入社の編集部員、在タイ15年くらい。痛風持ちと小麦アレルギーのため、飲食での制限がとても多く単調な食事と職住近接に出不精をこじらせ、年に数回の遠出を今年のハイライトと呼んでいる。年と月に関する記憶がかなりあいまいで、ちょっと前というのは数年前の出来事であることが多い。